« あけおめー。 | メイン | 第3回 SHARPハッカソン@東広島に参加しました。(その1) »

Mac OS X Lionを入れてみた感想。

超久しぶりの更新……

Mac OS X Lionがリリースされたので、さっそく入れてみた。
入れたマシンは、アルミ筐体のMacbook。2008年秋モデルかな。
CPUは2.4 GHz Intel Core 2 Duo、メモリは4GB。

もちろんOSはSnow Leopardの最新バージョン。
(でないとLion入れられない)

インストールは超簡単で、「AppStore」立ち上げて、購入するだけ。
ダウンロードのサイズは、3.74GB。

ダウンロードが終わったら自動的にインストーラーが立ち上がります。

で、使用許諾を確認したら、インストール開始。
10分くらいで終わって、自動的に再起動。

……早いなー、こんな早く終わるのかー、と思いきや、
そこからさらにインストール作業が続きます。

私の環境で、表示は「残り時間33分」って出てました。
実際に終わったのは、58分後でしたけど。

終わったらまた、自動で再起動。
晴れてLionとなった自機を触れるわけです。

で、まあ、その、ひと言で言うと、とにかく重い。
もう、ログインから重いです。

閑話休題。

ログインして最初に起動した時、「Mac OS 設定アシスタント」ってのが開き、
二本指スクロールして、開始ボタンを押すことで、私たちのLion生活が始まります。

で、このスクロール時に違和感感じるんですが、スクロールの方向が、
アップル曰く「ナチュラル」の設定で。下に下げるには指の方向は上で。

慣れればなんてことないんでしょうけど、他にもあれこれ必要なんで、
最初にまず「システム環境設定」の「トラックパッド」を開いて、
新しいジェスチャ含めてここで確認しましょう。

小さな動画で説明してくれるんで、新ジェスチャもすごく分かりやすいです。
「親指と三本指でピンチ」とか、文字では分かりにくいですし……

デスクトップのアイコンサイズなんかも変わってると思うので、
その辺も調整しましょう。必要に応じて、壁紙も。

と、まあ、その程度しかまだ触ってないんですが、とにかく重い。
何度でも言いますが、重い。重い。重い。

ブラウジングまで重いので、これ書くのも一苦労でした。

使っていくうちに何らかの形で改善されると信じつつ、
必要もないのにアップデートするんじゃなかったという後悔を胸の奥に隠して、
そろそろ帰宅して寝ます。

ではー。

生き残りたい♪生き残りたい♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/582

About

2011年07月21日 05:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あけおめー。」です。

次の投稿は「第3回 SHARPハッカソン@東広島に参加しました。(その1)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34