« ジーニアスっ(使いまわし日記) | メイン | マリア様がみてる「ハロー グッバイ」12/26発売 »

かんなぎ騒動

こないだちょこっと書いた「かんなぎ」で、騒動が起こった。

ナギ非処女疑惑。

・・・あ、あぁ、、、えっと、、、まぁ、ちょっと、整理して考えてみよう。


■あらすじ
伐られた神木が少女に変化した神様の化身ナギ。(自称・本人もよくわかってない状態)
そのナギが、主人公の仁の力を借りて、「穢れ」を祓いつつ、信仰を集めるために奔走するお話。
・・・と、こんなとこ?


■騒動の元
進んでいくストーリーの中で、ナギには思い人がいるという話が浮上。
仁は自分のことかもしれないと期待を抱く。
・・・のに、ナギの妹から、ナギの思い人は大東(おずま)だと告げられる。
大東の向こうには、黒色に「穢れた」ナギの姿。ショックを受ける仁。
というところで、「真相やいかに。待て次号!」ってな引きで、続く。


■騒動の発端
「穢れた」ナギの姿に、「ナギは大東と性交渉を持ったんだ」と解釈したファンが、
「裏切られた」と騒ぎ出し、「ナギは非処女」の大合唱。中にはコミックスを
引き裂いた写真を公開し、抗議の姿勢を示す者も現れた。


■騒動を煽る悪意やらなんやら
騒動に対して、「何があったの?」と事情を知らない人のいぶかしむ声に対して、
「ヒロインが主人公をだまして、本命の他の男とヤってたらしい」というような、
まぁ、騒動の説明にはなってるものの、描かれている事実関係(って、いうのか?)は
横に置いた状態の解説をする者や、中には、これまでに描かれている話のパーツを
無理やり並べて、そう見えるように仕立てて公開するような者も現れた。
結果、「それはひどい」という反応が、騒動を加速することに。


■さらに追い打ち
そんな騒動の真っ只中、作者が急病で連載中止。

誰の目にも不自然に映る上、「これは騒動の影響だ」ってな感じでコメントする
「業界通」を名乗るライターが現れて記事になったり、さらに騒動は加速。

「騒動とは関係ありません」とコメントしていた雑誌社の態度がまた
憶測を煽って、もう手のつけられないような状態に。

昨日(12/12)やっと、急病で緊急入院、手術してたんだよと、公式発表。
でも真偽は当然疑われてる状態。どっちにしろ間の悪いことで・・・


■騒動の余波
2ちゃんねるでは、すでに24スレが消費されるちょっとした祭り状態。
「裏切られた」というそもそもの話、「女性作家はきつい」という話、
「処女信仰」、「貞操観念」、「女性観」などなどといった話、
「2次元と現実の混同」といった話など、色んな切り口で紛糾。
いくつもの切り口で、いくつもの対立が起こってるから、いつまでも騒動状態。


と、こんな感じ。


■思ったことその1:「裏切られた」件について
純粋な発端は、ここ。
正直、裏切られたと感じるファンが出てきても仕方ない。
これは、処女・非処女っていう描かれていない不確かな話を抜きにして、
さんざん主人公を振り回し、頼り、その気にさせるだけさせといて、
「思い人は他の男」ってのは、本当なら、かなりひどい。

普通に考えたら、その裏には複雑な話があって、その辺が
描かれていく展開になるんだろうけど、確か掲載誌は月刊。
その真偽が描かれない状態で、「待て次号!」で、
待てなかったファンが暴走したのが今回の騒動の発端。

引っ張り方が衝撃的過ぎた。

さらに作者急病という、ネタのような理由で無期限休載。
そりゃ、騒動続くわ。

とりあえず・・・処女信仰だの貞操観念だのって話は
保身のために避けます。w


■思ったことその2:「女性作家は容赦ない」って件について
さっきも触れたけど、2ちゃんで書かれてた件。

結構、同意。

「それはちょっと酷すぎる」って話を、女性作家は比較的描いたりする。

例えば・・・ヒロインが攫われて犯されそうになるシチュがあったとして、
危機に主人公が間に合って救い出すのが男性作家的だとしたら、
着いたときには犯された後だったり、トラウマが残るほど
弄られた後だったりするのが女性作家的な印象はある。

もちろん、みんながみんなそうじゃないけど。
「ちさ×ポン」みたいな話は女性作家的だ。w

そんなのを前提で、「裏切られた」っていう結論に直結させたのかと。
どっちがリアルっていえば、「女性作家的」なのがリアルなんだけど、
リアルを突きつけられて平気でいられるほど、男の子は強くないのよ・・・


■思ったことその3:「休載はまずい」
急病の真偽はともかく、今後の展開に困ることになったと思う。

続きをどう描いたとしても、「騒動の影響アリ」って取られるから。
ファンを繋ぎ止めるには、この休載は致命傷になりかねない。

試金石と考えれば、いろんな意味で楽しみではあるけれど。

■思ったことその4:「作者病気」について
漫画家さんって大変で、急病になる人も、過労で倒れる人も、
倒れるどころか亡くなる方も、病気が理由で遅筆になったり、
志半ばでやむなく完結させて休業、引退したりした人も。
ストレスから机殴って怪我した人もいたね。。。

その一方で、単純に締め切りに間に合わずに落とした言い訳で
「作者急病」って使われることも多くて、そのせいで色んな憶測が
生まれる原因になったり。

ま、好きなら、ホントにしろウソにしろ、信じて再開を待つのみ。

・・・あぁ、富樫は病気。ある意味病気。みんなそう思いつつ信じて待ってる。w


■面白かったこと:引き合いに出された過去の作品
さっき「ちさ×ポン」を引き合いに出したけど、2ちゃんでは他に、
「りびんぐゲーム」、「めぞん一刻」、「宇宙皇子」などが、
引き合いに出されてたのを見た。
わかるわかる。w


■結論
・・・いいから続きを待とうよ。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/532

コメント (4)

 :

誤報を真に受ける馬鹿がここにも一人・・・

コロ。:

どこ?<誤報を真に受けてる部分。

匿名:

>「穢れた」ナギの姿に、「ナギは大東と性交渉を持ったんだ」と解釈したファンが、「裏切られた」と騒ぎ出し、「ナギは非処女」の大合唱。

これ結局バカが勘違いして大暴走したってことなのかな?
作者にとっては不運が重なったというかなんというか

匿名:

単純に不運の連鎖だね。
ナギの正体を知ってしまえば、単純に神話、民話通りに進めているだけで、現在の所、処女。
オズマは穢れで出来ているのでクマノクスビ。熊野社祭神。
ナギとザンゲの兄妹神。パートナー、相方というのは、社がまとめてある神社が有るんだけど。
ナギは熊野社の祭神じゃないから、熊野社のある神社の別の社の祭神。
ナギの正体(イチキシマヒメも同一神の神様)を知ってしまえば1話毎に違う同一神のパートになっているのでフラグ立ちまくり。正体は、御厨の一番偉い神様。
黒色になったのは同化(土)しているナギの姉なんだけどね。
読者にわかりにくい部分だったからでしょうかね。

コメントを投稿

About

2008年12月13日 03:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ジーニアスっ(使いまわし日記)」です。

次の投稿は「マリア様がみてる「ハロー グッバイ」12/26発売」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34