« ホロフォニクス | メイン | 2008.07.21の健康記録 »

FORTUNE ARTERIAL(その2)

FORTUNE ARTERIAL(その1)」書いた時に、ちょっとずつ感想書いていくといいつつ、
ずっと放置でした、すみません。。。

良いとこも悪いとこもあるけど、買って良かった一本。


まず、じゃあ、買って良かったところ。

何より、絵がとっても好み。
べっかんこうさんの絵にやられました。
思わず公式ビジュアルブックを買ってしまうほど。w

立ち絵もイベントCGも豊富なところもまた素敵。

白丸にくらべてネネコがやたらとリアルなのは気になるけど。(笑)


続いて、「ぇー」って不満に思ったところ。
・・・ゲーム性ゼロ。(笑)
ゼロは言い過ぎか。・・・1くらい。w


まぁ、もともと攻略サイトとか見ながらシナリオだけ追っかけることの多いコロには
全然問題ない話なんですが、ここまで割り切られるとビックリします。(笑)


どういうことなのか書いてしまうと、分岐ポイントは、よくあるような
行動や返答の選択によるものじゃなく、「行き先」を選ぶタイプ、というか、
「誰のところに行く」かをマップから選ぶもので、要は狙いの対象をただただ
選び続ければ、そのキャラのストーリーにそのまま入っていく、と。

正確には、6回ある分岐ポイントで5回以上の選択でOK。
選択をばらけさせると、サブキャラとの話になります。

楽で良かったけどね。w


コロが進めた順番は、
・千堂瑛里華
・東儀白
・悠木陽菜
・悠木かなで
・紅瀬桐葉
の順。

終わってみて、まぁ、妥当な順だったかなと。

瑛里華を最初に、ってのは鉄板。
ラストが桐葉ってのも、いいんじゃないかな。
陽菜とかなでさんの順も、これが良いと思う。
だから、パターンを変えるなら、桐葉の前に白ちゃんを持ってくるのはアリかな。

で、この5つのシナリオのうちでは、かなでシナリオが一番のお気に入り。
穂坂ケヤキの行く末が良かった。


陽菜シナリオとかなでシナリオで「生徒会」の影が薄いのはちょっと気になるけど。
もう少し「生徒会」を動かしても良かったんじゃないかなとも。しかたないけどね。


で、18禁ゲームであるこの「FORTUNE ARTERIAL」ですが、
えっち要素はあってもなくてもいいかなって感じ。
いっそ、ないほうがいいかも。

最近のゲームって、コンシュマー機移植を考えてか、そういうの多いけど、
特にこのFORTUNE ARTERIALは、個人的にはちょっと不満に思うシーンも。

サービス過剰っていうか・・・
そのキャラにいきなりそんな行動させるのはどうよ、みたいな。

需要に応じて、なんだろうけど、もっと各キャラに馴染んだものにして欲しいなと。
需要に応えるとしても、シナリオの文章ひとつで馴染ませられると思うんで、
そこが個人的には減点ポイントだったかな。

それと、希望としてはTRUEエンド後にでも、さらに追加シナリオで、
瑛里華の「父親」になっちゃうようなAnotherエンドが欲しかった。(笑)


あと、ものすっごくどうでもいい疑問なんだけど、特殊な能力を持つあの子たちは、
何度しても「初めて状態」にリセットされちゃうんじゃあ・・・と思ったり。w


そんなこんなのFORTUNE ARTERIAL、最初に書いたように満足の一本。
べっかんこうさんの絵に惹かれたので、前作の「夜明け前より瑠璃色な」も
追加で買っちゃいました。まだまったく未プレイで、リトバスEx後になるかもですが、
やったらまた感想書きますね。

「夜明け前より瑠璃色な」と言えば、アニメ化もされて、「キャベツ」の伝説を残し、
残念な評価を受けた例のアレですが、原作はきっと面白いと信じてます。w


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/441

コメントを投稿

About

2008年07月21日 20:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホロフォニクス」です。

次の投稿は「2008.07.21の健康記録」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34