« 今度は朝日新聞がやってくれました・・・ | メイン | 人間椅子 »

謎解明。コロ仮説は案外正しかった。

携帯のバッテリー残量表示。
だいたい3目盛りで、段階的に減っていく。

でも、3だと思って安心してたら、3から2になったとたん、すぐ1になる。

何年も前のことだけど、以前、弟にそう疑問を投げかけられたコロは答えた。

「表示スペースがないだけで、実は3目盛りの上にさらに倍くらい目盛りがあるねん」と。

ネタで適当に言ったつもりだったけど、実は案外正しかった模様。


exciteニュースより「携帯のバッテリー残量、なぜあの表示?」
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091213626678.html

まず、この記事ではタイトルの通り、あの曖昧な表示について回答を求めてる。
その結果、KDDIによると、

「携帯電話はパソコンなどと異なり、ポケットに入れるなどするので、外部からの熱や湿度の変動が大きく、それに伴い電池の状態も刻々と変化します。そのため、あまり細かく表示を分けると、推定される残量の数値が増減し、お客さまに対して不信感を与えるので、大まかな3段階の表示としています」

ということらしい。


で、続いて、「2から1が早くない?」との疑問への回答は、

レベル3(残り電池表示3つ)…約30%以上
レベル2(残り電池表示2つ)…約10%~約30%
レベル1(残り電池表示1つ)…約10%以下
(※キャリアによって、プラスマイナス5%ほどの誤差があります)

ということらしい。

コロ仮説だと、レベル3で50%以上、ってことになるけど、
考え方としてはかなりいい線いってたんだ。w

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/400

About

2008年06月23日 03:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今度は朝日新聞がやってくれました・・・」です。

次の投稿は「人間椅子」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34