« 自然災害大国 | メイン | 宮崎勤、死刑執行 »

マコリンペンとデコポンタン

一部で「皇室萌え」現象が起こってるらしい・・・

一番人気の萌え対象は、秋篠宮眞子さま。
秋篠宮さまのところの、ご長女。

萌えキャラ化されたイラストが絵師によってアップされたり、
ムービーが作られたりと、大人気の模様。

秋篠宮眞子様御画像保管庫」で見てみたけど、確かにかわいい。w

「ひれ伏せ平民ども!」とか言われた日にはもう・・・(萌)

いやいや。w

一昔前で言えば「不敬」ではあるものの、誹謗中傷の類ではないため、
宮内庁も対応に困惑していると記事になってる。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/37946

コロもこの記事で詳しく知ったものの、この流れ自体はだいぶ前からあるような。


ネット住民だけでなく、たぶん世間一般的に、秋篠宮家の人気は高い。
秋篠宮さまのルックスの点でもそうだし、紀子さまはご成婚時にブームになるほどの
「国民的アイドル」だったし、両親が人気なのだから、もちろんお子様たちも愛され、
一家揃って人気が高い。

一方で、何かと比べられる皇太子さまの方は、公務を休まれがちな雅子妃が
週刊誌はじめ一部マスコミ、そしてネットで叩かれやすく、皇太子さまサイドが
叩かれるほど、秋篠宮さまサイドの人気が高まるという、完全に光と影といった様相に。


冷静に諸々を勘案すれば、皇太子さま、かわいそうなんだけど。
生まれた時から背負ってるものが違うんだし。
でも、もうどうしようもないくらいに「流れ」が傾いちゃってて。


子供の頃で言えば、「ナルちゃん憲法」などのエピソードの数々は、
ナルちゃん自身でなく、美智子さまの評価へ流れたし。
美智子さまこそ、「国民的アイドル」だったしね。


サーヤこと黒田清子さまの成婚時には、美智子さまの温かいエピソードが
語られたのに対し、一方皇太子さま一家は陛下や美智子さまと疎遠だと報道されたり。


アーヤにもサーヤにも人気をくわれた感が・・・


皇太子さまだって、人気がなかったわけじゃなかったのにね。
何と言っても、ただ独りの「皇太子さま」だし。
雅子妃だって、ご成婚時はもてはやされてたし。

アンラッキーなことに、雅子妃の心身の不調が、
今の流れのきっかけだったんだろうなぁ・・・


ルックスで勝る秋篠宮さまが、学者のお嬢様で
サークルの後輩だった紀子さまと恋愛結婚。
それに対して皇太子さまが、官僚の娘で
キャリアウーマンの雅子妃を選択したのは、
差別化路線としては間違ってなかったと思う。
(結婚をこんな風に言うのも何だけど・・・)

けど、皇太子妃に第一に求められたのは、キャリアや外交手腕よりも、
「お世継ぎ」だったわけで。色んな意味で、ここでつまづいた。

国民の人気を集める秋篠宮夫妻に、外交に長けた皇太子夫妻、
こうなれば、兄弟揃って皇室評価を高めて、盤石だったろうに。

20年後くらいに、悠ちゃんが愛ちゃんに嫁ぐ、なんてアクロバティックな
事件が起これば、大きく流れが変わりそうだけど・・・ちょっと現実的じゃないなぁ。(汗


でも、まぁ、当事者の方々には非常に申し訳ないけれど、
なんだかんだ言って、こんな風に国民の関心が集まってて、
しかもそれを国民が自由に楽しめる国っていうのは、いい国なんじゃないかと。

天皇陛下、美智子さま、皇太子殿下、雅子さま、秋篠宮殿下、紀子さまの
心労を思えば、一連のゴタゴタは胸が痛むところですが、そこはもう、
国民のシンボル、マスコットとしての有名税ってことで・・・
振り回されることなく、仲睦まじくあって頂きたいものです。


話は最初に戻るけど、「眞子さま萌え」自体は、奇妙さはあるものの、
悪い話じゃないと思いますよ。

眞子さまが持ち上げられる一方で、愛子さまがヒールになってたりする漫画も
あるみたいですけどね・・・


ちなみに、エントリータイトルの「マコリンペン」は眞子内親王、
「デコポンタン」は佳子内親王の、ネット住民による愛称。

むかーしあった、「モコリンペン」という、書いた後に線が膨らむペンに、
「マコ」の名前がくっついたもの。くっついた理由は定かじゃないけど、
音の響きがかわいいからじゃない?愛称なんてそんなもの。

一方、「デコポンタン」は、子供の頃の佳子さまが、おでこを出した
髪型であることが多かったことから付いた模様。ご本人が聞いたら
親を恨んで泣きそうな理由だけど、かわいい響きだし、いいんじゃない。w


まぁ、とにかく、なんだ、、、ひれ伏せ平民どもっ!w


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/375

About

2008年06月16日 15:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自然災害大国」です。

次の投稿は「宮崎勤、死刑執行」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34