« 読み違え | メイン | 大阪でタスポ開始。 »

ほうれんそうカレー

シフトの都合上、連休になったので、カレーでも作るかーって気分に。

カレーとか、一回作ると食べ続けることになるので、休みの時は料理チャンス。
仕事の日は、朝食べないこと多いし、帰る前に何か食べること多いんで、
上手くタイミングが合わなかったりするので。(それでも作ることあるけど)

で、今回は「ほうれんそうカレー」を。
ほうれんそうカレーって言っても、ほうれんそうを煮込みはしないから、
ふつーにカレー作って、最後に添えるだけだけどね。w

なんで、ほうれんそうカレーにしたかというと・・・
Keyのスタッフブログの影響。(笑)
http://key.visualarts.gr.jp/diary/2008/04/ex.html


クドが勧めるんだから、のーじんじゃー。


さてさて、まずは、普通にカレーを作ります。
普通に作ります、と言っても、人それぞれ違うのがカレー。

というか、どう作ったって、何入れたって、市販のルウを使う限り、
水の量さえ間違えなければ大丈夫なのがカレー。w


コロが作る場合、材料の種類や分量は、買いに行った時の
スーパー玉出の都合に左右されます。(何個入りとか。あるなしとか。)


今回の材料は・・・
・たまねぎ中3個
・にんじん中3本
・牛すじ肉1パック
・牛バラ肉1パック
・フジッコ「こんぶ豆」1袋
・グリコ「2段熟カレー」1箱
・冷凍庫にわずかに残ってたミックスベジタブル
・お好み焼き時の残りの冷凍むきえび
そして
・ほうれんそう
以上。


肉は食べたいものを食べたいだけ。
(けど、多すぎると困るんで、ほどほどに)


にんじんは外せない。

けど、定番のじゃがいもを外してるのは、
じゃがいも入れると、若干「足が速くなる」ので。


煮豆を入れたのは、前に入れたらアクセントになって美味しかったので。


ミックスベジタブルとむきえびは、冷凍庫の整理です。(たいした量じゃないです)


ルウは、グリコの「2段熟カレー」。これも前に使ったら美味しかったので。
その前は、もう少し高い、S&Bの「ディナーカレー」を使ってたんだけど、
個人的には2段熟カレーのほうが合ってた。まぁ、なんでも好みで。

まずは、たまねぎを粗みじんか、もう少し大雑把でも良いんで切って、
ただただひたすらに炒めます。きつね色の世界の向こう側まで。
飽きてきてめげそうになるけど、フライパンでしっかり炒めます。

水の量間違えなければ失敗しないと言っておきながら、
この、タマネギ炒めだけは、要注意かも。
どーせ煮るからいいじゃん、と、手を抜いちゃダメ。
せめて最低限きつね色はクリアしないと。


フライパンでたまねぎ炒め終わったら、鍋に移して、次はにんじん。


ちょっと大きめに切った方が、食べる時にんじんの味を楽しめます。
そんな楽しみいらねーってんなら、小さめに。好きにしてください。

にんじん、皮はむきましょう。でないと、食べた時、口に残ります。
それでも構わねーよって人は、好きにしてください。


むいた皮を無駄にしたくない人は、その皮できんぴらでも作ってください。
適当に切って、しょうゆ+砂糖+みりん+酒で炒りつけて。
炒める時はごま油が良い感じです。


話はカレーに戻って。


にんじんは、たまねぎほど頑張って炒めなくってもいいです。
適当に火が通ったら、鍋に移して。


次は肉。


食べやすいサイズに切って、焼く。
大きい肉が食べたい、といって、大きすぎると、食べにくいです。
それでもいいから大きいのを、って人は、好きにして。


どっちにしても、すじ肉は、小さめに切った方が吉。
最初食べる時は、まだまだ堅さがあるので、大きいと困ります。


肉は全面しっかり焼いちゃいましょう。


で、鍋に移す。


さて、ここでフライパンは退場して鍋が主役になるんですが、
フライパンに肉汁が残ってたりすると思うんで、鍋に入れる水を
いったんフライパンに入れて、フライパンに残った肉汁を流すように
フライパンから鍋に水を入れるともったいなくなくていいんじゃないかなーと。


水の量は、くれぐれもオーバーしないように。
ルウの箱に書いてある通りに。
勝手に蒸発分とか足す必要ないです。
少しくらい少なくてもいいくらいです。


んで、中~弱火で煮込む。
ただただ煮込む。

アクが出るようなら、すくいつつ。

2、30分以上、気の済むまで煮込む。

この辺で、豆とか、ミックスベジタブルとか、えびとか、
入れるの忘れてたなーって気づいて入れる。

また煮込む。


気が済んだら、いったん火を止めて、ルウを割り入れる。
菜箸か何かでしっかりルウを溶かしてあげる。


で、また煮込む。
今度は5分とか10分とか、ほどほどでOK。
もう食べられます。


もう食べられるんですが。


大事なことを忘れています。


今回は、ほうれんそうカレー。


はい、「ほうれんそう」の出番です。


本気でほうれんそうを湯がくのは面倒(でもないか?)ってことで、
今回買ってきたのは、アクが少なくてそのままでも食べられるような
「サラダほうれんそう」なのだ。

これをどうするかというと、しっかりあらって、根っこを切って、
2,3等分に切って、ラップにくるんで、レンジで1分。チン。


ごはんよそって、ほうれんそう並べて、カレーかけて出来上がり、と。

あ、ここでひとつ追加。
好みで、「ガラムマサラソース」なるものを少しかけると美味しさアップ。
(かけ過ぎるとダウン)


マコーミック「ガラムマサラソース」

レトルトのカレーでも、これかけると結構美味しさアップ。
オススメです。

なんか、思いがけず長文になったなぁ・・・
カレー作る行程省けば良かったんだけど、
自己流で作ってるんで、おかしかったら読んだ誰かが
突っ込んでくれるかもとゆー淡い期待込みで。

まぁ、一番おかしな点は、作って食べた時間と量だけど。(汗
写真撮ったけど、あえて載せないでおこう。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/347

About

2008年06月02日 03:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「読み違え」です。

次の投稿は「大阪でタスポ開始。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34