« 「マーガレットにリボン」と、「カレン坂高校可憐放送部決意とハンドマイク」 | メイン | 鍵っ子 »

有川 浩「レインツリーの国」

図書館戦争の続きは、GWに実家で読むことにして、
とりあえず待ちきれなかったので、「レインツリーの国」を買って読んだ。

図書館内乱」を読んだ後だから、
彼女の置かれている状況は最初から知ってたわけだけど、
なんていうか、色々と考えさせられたり、勉強になったりした一冊。


あ、まだ「図書館内乱」を読んでない人には、むしろ「レインツリーの国」を先に
読んでおいたほうが両方を目一杯楽しめるかも。


読んで、ただ、ちょっと分量が少なかったかなーって感じた。
やや展開が駆け足だったので。

あと、著者が関西人だから許されるけど、関西人がバカにされてる気がする。(笑)
ある種の自虐ネタ・・・

というか、主人公が関西弁なので、言葉のニュアンスを汲んで存分に楽しめるのは、
第一言語が関西弁の、ネイティブ関西人限定かも。関西人で良かった。w


本を読む時は、思いっきり感情移入して読むタイプなんですが、
この本は感情移入が難しい。安易に感情移入しちゃいけない気もする。

けど、自分が主人公の立場なら・・・
・・・間違いなく、あの会社の女の子に流されてるな、とは思った。(笑)

でも、ひとみちゃんもかわいい。


「図書館内乱」からスピンアウトで生まれたこの「レインツリーの国」。
そこからさらに「フェアリーゲーム」がスピンアウトで出ないかなー・・・(期待)


「レインツリーの国」から少し話が離れるけど、「フェアリーゲーム」について書かれた部分を読んで、
コロが一番に思い出したのは、冴木忍の「星の大地」だった。
内容も、意味合い的にも、全然違うんだけど、衝撃のラストって部分で。
あのラストは、、、いや、書けないけど。(笑)

そういった衝撃的な本や、面白かった本について、趣味の合う人と話がしたいっていう、
「レインツリーの国」の主人公の気持ちはとってもとってもよく分かる。

冴木忍にはまってた高校生の時、冴木忍の話ができる相手が一人だけいたんだけど、
それ以降で冴木忍を知ってたのは・・・たぶん、べあちゃんくらいだな。w

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/312

コメント (5)

Hey, I just hopped over to your site via StumbleUpon. Not somthing I would normally read, but I liked your thoughts none the less. Thanks for making something worth reading.

Thanks for sharing this helpful info!

Thanks for sharing this helpful info!

Hello I want to write - it's a nice post! Have You used patates, myslef I find it beautifull Ciao!

コメントを投稿

About

2008年04月20日 02:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「マーガレットにリボン」と、「カレン坂高校可憐放送部決意とハンドマイク」」です。

次の投稿は「鍵っ子」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34