« あざの耕平「BLACK BLOOD BROTHERS 1 -ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸-」 | メイン | らき☆すた 9話&10話 »

三田誠「レンタルマギカ ~魔法使い、貸します!」

三田誠「レンタルマギカ ~魔法使い、貸します!」読了

なんていうか、複雑な感想。

読み終えての感想は、、、面白い。

失踪した父親の相続で、ある日突然「魔法使い派遣会社」<アストラル>の社長に就任、
不思議なものが見えてしまう右目を持つがダメ少年の、伊庭いつき。

セーラー服にとんがり帽子でホウキにまたがる天才魔女っ子、穂波・高瀬・アンブラー。

巫女装束にランドセル、神道の力で邪を祓い清める小学生、葛城みかん。

猫を式神とする、猫まみれの猫フェチ陰陽師、猫屋敷蓮。

ソロモンの七十二魔神を召還する天才魔術少女にして、
魔法組織<ゲーティア>首領である、アディリシア。


プロローグがあり、人物紹介ページがあり、本編が始まって・・・

やたらと多い擬音や、ある意味ありがちな叫び声の表記。

なんていうか、その、「ライトノベル?こんな感じでしょ?」と、ラノベをバカにしきった
マーケティング結果で組み立てられたような印象を、読み始めた当初は受けた。

でも、ぶっちゃけ、読み始めて10分くらいで、このチョイスは失敗?、と感じた。


が、途中、「魔法」が出てきて、アクションが入ってくると、途端に面白く。

ぐんぐん読み進めた。一気に読みきった。


最後の方、気になること色々残ってるのに、ページが少なくなってきて不安を感じたら、
しっかり最後まで書ききってくれて一安心。P285でエピローグが終わり、続く見開きが
あとがき。次のページはもう奥付。知らずに読んでて、そりゃ不安にもなるさ。(笑)


途中から、何が変わったわけでもなく、文体も相変わらずだし、もちろんキャラクターは
そのままだし。でも、動きが出てからぐっと面白くなった。

狙いすぎのようなキャラ設定だけど、それが功を奏して、自在に動き出したのかな。


読み始めた段階では、続きを買うかどうか悩んだけど、読み終えたら次が欲しくなった。


・・・今、ふと、著者名「三田誠」でググってみた。
この人、グループSNEの人だったんだ。

そういわれると、なんか、腑に落ちた。

あー、うん、なんか、それっぽい。(笑)

魔法は得意だよね、うん。(笑)
小説書くのは、最初は苦手だったりするよね、うん。(笑)

途中から乗ってきたのと、魔法使う場面が増えたのとで、面白くなったのかも。


なんか、ちょっとひどいこと書いた気もするけど、星3つ強。

明日(今日か)、続きを買いに行こうっ。
きっと、どんどん面白くなっていくはずっ!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/144

コメントを投稿

About

2007年06月11日 01:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あざの耕平「BLACK BLOOD BROTHERS 1 -ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸-」」です。

次の投稿は「らき☆すた 9話&10話」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34