« 「うさぎの映画館」と「Dクラッカーズ」 | メイン | お料理レシピ:味噌煮込みうどん »

殿先菜生「うさぎの映画館」@電撃文庫

昨日買った、殿先菜生「うさぎの映画館」を早速読んでみた。

冒険だの魔法だの萌えだのってイメージが強い電撃文庫の中では、
少数派かな、こういう作風は。落ち着いてて、コロ好み。

主人公の静は、高校3年生になろうとしている女子高生。

父親が海外へ単身赴任中、その父親の親しい後輩で、
古物商を経営する鳴海の店でよく店番をしている。

経営者の鳴海は静の保護者代わり。
・・・が、身だしなみは無頓着、接客も適当。
生活力に欠けていて、食事の支度などを静がしてやることがしばしば。

静の友人の友子は、ベタに言えば快活な女の子で、
どこかおっとりした静をよくからかいながらも、優しい。


静は小さい頃、母親を事故で亡くしている。目の前で。
そのことは今も静の心の奥で澱んでいる。


静はよく夢を見る。
何度も夢に出てくるのは、どこかの商店街の風景と、そこにある映画館。
映画館には、静が大切にしているうさぎのぬいぐるみ「はーさん」が。
作品タイトル「うさぎの映画館」は、ここからきている。


お店を訪れる人。学校での生活。特別大きな事件が起きるわけではない。
しいていえば・・・どこかで見たことのあるような気がする男の子が、お店にやってくる。
結論から言えば、ある意味それは、「特別大きな事件」に繋がると言えなくもないけれど。


あまり書いてると、ネタバレしそうなんでこの辺で。


最初に書いたけど、コロ好みの落ち着いたお話。
母の死のショックも受け止めて、受験を迎える女子高生のお話。

難を言えば、「夢」の扱いが、”ご都合”な感じ。
夢が大事な意味を持つこの作品で、その夢にケチつけちゃいけないけど。

素直な気持ちで読めば、しみじみと楽しめるお話。
すれた大人の目で読めば、ライトノベルなんてこんなもの、といったところかな。


いきなり、全然っ、関係ないけど、静ちゃんの友人の友子ちゃん、
コロの中ではなんとなく、「涼宮ハルヒの憂鬱」に出てくる鶴屋さんのイメージだった。(笑)

といっても、ハルヒ、原作読んでないから、ちょこっと出てくるアニメでしか知らないんだけど。


全然関係ない話に飛んだところで、「うさぎの映画館」の感想はおしまい。w


あ、最後にひとつだけ。
「うさぎの映画館」、ちゃんと頭から最後まで読むと、最後の最後にびっくりも待ってます。
あ、素直な心の持ち主だけね、びっくりできるのは。(笑)



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

コメントを投稿

About

2007年06月07日 01:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「うさぎの映画館」と「Dクラッカーズ」」です。

次の投稿は「お料理レシピ:味噌煮込みうどん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34