« お料理レシピ:茶スパ | メイン | 「もってけ!セーラー服」すごいな・・・ »

お料理レシピ:ぺペロンチーノ

スパゲティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。

・・・なんて、たいそうな呼び方するまでもないような程度の、
「ペペロンチーノ」いや、ひらがなで「ぺぺろんちーの」でいいくらいの、簡単パスタを。

いや、もともと(こだわらなければ)簡単だけど、もっと簡単に。

1.パスタを茹でる

パスタ茹でてる間に、オイル作り。

2.フライパンに、パスタに絡めるためのオリーブオイルを、たっぷりめに注ぐ。

3.一味唐辛子を適当に加える。

4.ガーリックパウダーを加える。

5.弱火で加熱して、オイルに唐辛子の辛味とガーリックの香りを溶かしこむ。

6.茹で上がったパスタをそこに絡めて出来上がり。
茹で汁は完全に切らないくらいが吉。

まぁ、元々が単純なので、手抜きどころといえば、
鷹の爪使ったりするのを一味唐辛子で、
ニンニク部分を市販のガーリックパウダーで済ましてるあたり。

鷹の爪使うくらいは別に手もかからないし、元から輪切りになったものも売ってるし、
それくらいはしてもOK。コロは辛いの好きなんで、一味唐辛子と併用してます。

ニンニクも、スライスを乾燥させて売ってるやつ使うのもOK。
なんでもいいし、コロはニンニク風味を加えないことさえ。(仕事前とか)

唐辛子さえ使ってりゃ「ペペロンチーノ」だもん。w


ペペロンチーノの一番のポイントは、パスタの茹で加減&塩加減を除けば、
オリーブオイルに辛味や香りを移すところかなぁ。

基本的に辛味や香りってのは油解性(油溶性)なので、香辛料の類は
油にうまくその成分を移してあげるのがポイント。オイルを熱してあげると
移ってくれやすいけど、揮発性だったりもするので、温度上げすぎたり、
時間長すぎたら、香りが飛んじゃったりするので注意。


まー、ここ数回の一連のレシピの主眼は「手抜き」なんで、あんまし難しく考えない方向で。


オリーブオイルの瓶に、鷹の爪とニンニク片を漬け込んで寝かしとけば、
かけるだけでペペロンチーノになるオイルができるような気が。
やったことないからわかんないけど。w


あ、ちなみに、最初に書いた「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」ってのは、
日本でペペロンチーノって一般的に呼ばれてるやつの正式名称です。
(と、ずいぶん前にサブリンさんに教わった)

イタリア語「Aglio Olio e Peperoncino」で、アーリオがニンニク、オーリオがオイル、
ペペロンチーノが唐辛子。一般的なペペロンチーノって、スパゲティなんで、
正確には、何に絡めるかってのを添えて「Spaghetti Aglio Olio e Peperoncino」となる模様。
まぁ、どうでもいいけど、話のネタに。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/106

コメントを投稿

About

2007年05月20日 00:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お料理レシピ:茶スパ」です。

次の投稿は「「もってけ!セーラー服」すごいな・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34