« ブートキャンプ4日目、ある意味ヤマ場。 | メイン | ブートキャンプ5日目&6日目 ふっきんっ »

先輩だった。

逆転裁判4のプロデューサー、松川さんが、
コロの通ってた専門スクールの先輩だと判明。

ミーハーなので、それだけで嬉しい。w

「蘇る~」も、松川さんプロデュースらしい。
5話だけ未プレイなんで、やりたいなぁ。欲しいなぁ。。。
アカネちゃんと科学捜査したいっ!w

逆転裁判、1~3では、霊媒とサイコロックが必殺技(?)だったのに対し、
4では、心霊系はなくなり、科学捜査と「みぬく」が特殊な行動。

「サイコロック」は、心のカギを、証拠の積み重ねなどで解除していく、
言ってみれば、探偵パート内のミニ法廷のようなものだったのに対し、
「みぬく」は、法廷パートで相手の動揺を外見の変化から見抜いて
指摘することで動揺を煽るという、”超ゆさぶり”といった感じのもの。

外見の変化といっても、けっこう小さな変化を、ズームで見分けるので、
ちょっと難しい”間違い探し”になる。ちょっと難しい、とはいっても、
動揺が見えるのは「ウソ」や「矛盾」がある箇所なので、どの辺で
ポイントがあるのかはある程度絞れるし、大体、同様があらわれる
箇所もそこそこ見当がつくので、そういう意味では簡単。

個人的には、探偵パートと法廷パートだと、法廷パートが好きなので、
探偵パート中に法廷気分になれるサイコロックが好きなんですが、
サイコロックの解除のために証拠を探し回る必要はあるので、
そこはちょっと面倒に感じることも。

4つのサイコロックがかかってて、3つ目まで解除できたのに、
4つ目解除に証拠が足りなかったりすると、ちょっと憂鬱。w

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/66

コメントを投稿

About

2007年04月21日 01:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ブートキャンプ4日目、ある意味ヤマ場。」です。

次の投稿は「ブートキャンプ5日目&6日目 ふっきんっ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34