« はじめて(?)の挫折。 | メイン | お料理レシピ:鳥レバーの生姜煮 »

天空の城

トックルで捕らえられて、連れて行かれたのは木の中の牢屋。

ここは、そうだ、天空の城だ。

いや、天空というには低い位置を浮遊してた、アレ。
砂漠の上に浮いてたでっかい木の中。
生きている森の長老の木ですね。

牢屋、なんだけど、管理はゆるゆる。
壁は開いてて、出入り自由。

壁の向こうにはアーガスの王様もいました。

アーガスで神官やってたハインとゆーやつが、
魔物の力で暴挙に出た模様。

牢屋のフロアに1人(?)だけ、兵士に化けた魔物がいて
話しかけると戦闘になりますが、大して強くもないです。

フロアの端っこには小さな穴があって、小人になれば通れます。
通って、進んでいけば、ハインがいて、戦って倒せば終わり、と。

道中、キングスソードという、けっこう強い剣があるので忘れずに。

ハインは「じゃくてん」を変化させる、バリアチェンジ、という技を
使ってくるのですが、学者がいれば「みやぶる」で見破れます。

うちはコロが学者だったんで、みやぶれたんですけど、もともと、
あんまし属性頼みの攻撃パターンではやってきてなかったので、
途中から気にせず普通に戦ってました。

今思えば、みやぶって、適した属性の攻撃アイテム(学者なら効果倍増)を使って、と、
学者が大活躍できるシーンだったのかもしれませんが、面倒は嫌いで。
「せんし」、「ナイト」は、普通に攻撃。「ふうすいし」はどうせランダムの「ちけい」。
学者も本でガスガス殴って戦う方向で。

結局、それで大して苦労もなく倒せました。

木は森に戻り、王様たちはアーガス城に戻りました。

さ、アーガス城に行って、飛空艇の話をきかなきゃっ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.korowan.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

About

2007年04月14日 01:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はじめて(?)の挫折。」です。

次の投稿は「お料理レシピ:鳥レバーの生姜煮」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34